大胸筋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 大胸筋とは、胸部の前面のもっとも表層にある大きな。扇形に広く広がる筋で、筋肉の起こる起始の部位は、上は鎖骨から胸骨、下は腹直筋の上端付近まで長くつらなる。停止側は上腕骨の上部の前面の比較的狭い範囲(大結節稜)に、扇のカナメのように集まる。

言語表記発音、読み方
日本語医学大胸筋だいきょうきん
英語greater pectoral muscleイター・ペクトーラル・ッスル
pectoralis major (muscle)ペクトリス・イジャー(・ッスル)
ラテン語musculus pectoralis majorムスクルス・ペクトラリス・マヨール

起始と停止

 大胸筋は、起始の違いにより、3つの部位に分かれる。上から鎖骨部、胸骨部、腹部という。鎖骨部の起始は、鎖骨内側の半分、胸骨部の起始は胸骨とその近くの肋軟骨(第6とそれよりも上の肋軟骨)、腹部は腹直筋鞘腹直筋を包む厚い筋膜)の前葉の上端部。停止は、上腕骨の上部の大結節から下方に続く大結節稜

働き

 大胸筋の機能は、上腕を体に引き付け(=内転)、内方に回転(=内旋)させるはたらきがある。

神経と血管

 支配神経は、小胸筋とともに、腕神経叢胸筋神経内側胸筋神経外側胸筋神経)。血液は、大胸筋

カテゴリー: 運動器系 | 筋系 | | 上肢帯 | 胸部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。