白膜

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 白膜とは、いくつかの器官の表面などを包んでいる、厚く強いで、肉眼で見ると白っぽく見えることからこの名がある。

言語表記発音、読み方
日本語医学白膜はくまく
ラテン語tunica albuginiaテュニカ・アルブギニア

 コラーゲン線維がびっしりと詰まった密性結合組織からできていて、膜の中には血管が少ない。コラーゲン線維の色と血管が少ないことで、膜は白く輝くような色に見える。

白膜のある場所の例

  • 精巣(睾丸)の表面にある。精巣を覆い、完全に包んでいる。
  • 卵巣の表面にある。表面の漿膜の内側に層を作っている。
  • 陰茎の内部にある。勃起組織である海綿体陰茎海綿体尿道海綿体)の表面をつつんでいる。内部の血管をまもっており、圧力が高くなったときに構造を維持する役割を果たす。

カテゴリー: 結合組織 | 生殖器系 | 男性生殖器系 | 女性生殖器系 | 精巣 | 卵巣

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。