膝関節

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 膝関節とは、にある関節で、の曲げ伸ばし(屈曲伸展)を行うときにはたらく関節。大腿下腿との間にあり、大腿骨脛骨膝蓋骨の3つが関節をつくる。運動学的には蝶番関節、解剖学的には顆状関節と言われる。関節の構造が比較的不安定なため、障害がおこりやすい関節として知らえる。

言語表記発音、読み方
日本語医学膝関節しつかんせつ、ひざかんせつ
英語knee jointー・ジョイント
ラテン語articulatio genus(ラテン語読み) アルティクラティオ・ゲヌース
(英語読み)アーティキュラティオ・ジーナス

カテゴリー: 下肢 | 大腿 | 下腿 | 運動器系 | 骨格系 | 関節

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。