ベル=マジャンディの法則

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 ベル=マジャンディの法則とは、脊髄神経脊髄とつながる部分である、脊髄神経の前根後根を通る神経線維の性質についての法則で、前根を通るのは遠心性運動性)の神経で、後根を通るのは求心性感覚性)の神経であるという原則のこと。現在でも、厳密には例外がみつかっているが、ほぼ成り立っている法則である。イギリスの医師・解剖学者のチャールズ・ベルとフランスの生理学者のフランソワ・マジャンディがそれぞれ別々に見つけて提唱した性質なので、2人の名前で呼ばれる。

 脊髄から出る末梢神経は、脊髄神経といい、全部で31対ある。それぞれの脊髄神経は、脊髄とくっつく部分で2つに分かれ、1つは脊髄の前方腹側)につながるので、脊髄神経前根と呼ばれ、もう1つは脊髄の後方背側)につながるので、脊髄神経後根と呼ばれる。

 前根を通る神経線維は、脊髄前角の運動ニューロンから出て、全身のに行く軸索や、脊髄の側角自律性ニューロン(交感神経節前ニューロン)から出て交感神経節に向かう軸索など、脊髄から出ていく(=遠心性の)神経線維である。一方、後根を通る神経線維は、皮膚内臓などの感覚を脊髄→へと伝える(=求心性の)軸索である。

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。