体性感覚

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

体感覚体性知覚体知覚でこの項目を参照しています

 体性感覚とは、感覚感覚器の種類とその分布によって分類したうちのひとつで、皮膚関節などの全身に分布する構造から得られる感覚のこと。体性感覚以外の感覚には、味蕾などの特殊化した感覚器による感覚である特殊感覚内臓による感覚の内臓感覚がある。体性感覚、特殊感覚、内臓感覚をあわせると、すべての感覚が含まれる。

言語表記発音、読み方
日本語医学体性感覚たいせいかんかく
体感覚たいかんかく
体性知覚たいせいちかく
体知覚たいちかく
英語somatic sensation *ーマティック・センイション
somatesthesia *ソーマテスティーズィア
somesthesia *ソーメスティーズィア
* soma は、ギリシャ語の「体」、somat~, somatic は「体の」。esthesia は「感覚」

 体性感覚のうち、からだの表面にある皮膚感覚は、外受容感覚に含まれ、関節などの感覚は、固有感覚深部感覚)に含まれる。外受容感覚には、皮膚感覚だけでなく、特殊感覚である視覚聴覚嗅覚味覚も含まれる。固有感覚には、関節による感覚だけでなく、内耳の平衡感覚(平衡覚)もある。

カテゴリー: 感覚器 | 神経系 | 性質

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。