外旋

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 外旋とは、回旋の動きのひとつ。回旋とは上肢下肢などの運動の種類のひとつで、位置を変えずにその場で回す動き。外旋で回す向きは右上肢、右下肢では右まわり、左側では左まわり。逆回転は内旋

言語表記発音、読み方
日本語医学外旋がいせん
英語lateral rotationテラル・ローイション
external rotationエクスーナル・ローイション

外旋できる関節

肩関節股関節
内旋・外旋の運動ができる代表的な関節。これらの関節は球関節と呼ばれるタイプでいろいろな方向に自由に動くことができるため。肩関節は上腕を内旋・外旋させ、股関節は大腿を内旋・外旋させる。
膝関節
球関節ではないが、関節の形の特徴から、膝関節が屈曲しているときだけ、下腿を少し内旋・外旋させることができる。
  • 肘関節手首足首などでは動きの方向が制限されているので、内旋・外旋はできない。
  • 手は内旋・外旋することができるように感じるが、これは手首の回旋ではなく、前腕で、手首と橈骨尺骨のまわりで、回転しながら位置がねじれるためで、これは内旋・外旋とはいわず、回外回内と呼ばれる。

 眼球の動きでも外旋と呼ぶ回転の向きがある

カテゴリー: 方向 | 運動

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。