『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 とは、にかわと読み、動物の軟骨靱帯皮膚などの組織を煮込んでつくったどろどろの液体のことで、かつては、のり(接着剤)として使われた。その主成分はゼラチン。医学・解剖学用語ではない。

言語表記発音、読み方
日本語一般にかわ
英語glue

 骨や腱、皮膚などの組織には、蛋白質コラーゲンが多量に含まれている。これらの組織に熱を加えると、コラーゲンが熱で変性して水に溶け出す。ゼラチンとは、熱変性して水に溶けたコラーゲンのこと。

「膠」の字が使われている用語

 コラーゲンが関係したり、のりの働きをする要素に対して、「膠」のついた名前が使われる。

カテゴリー: 結合組織 | タンパク質 | 解剖学用語でない

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。