ミクログリア

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

小膠細胞小グリア細胞でこの項目を参照しています

 ミクログリアとは、または マイクログリアとは、脊髄などの中枢神経系組織にいる細胞であるグリア細胞(=神経膠細胞)の一種。食作用のある細胞で、異物などを貪食(どんしょく)する免疫系の細胞。

言語表記発音、読み方
日本語医学ミクログリアミクログリア
マイクログリアマイクログリア
小グリア細胞しょうグリアさいぼう
小グリアしょうグリア
小膠細胞しょうこうさいぼう
小神経膠細胞しょうしんけいこうさいぼう
英語microgliaマイクグリア

 グリア細胞の中では最も小型。細胞から出る突起も少ない。正常の状態や怪我をした箇所で、死んだ神経細胞のかすをはじめとする異物などを細胞に取り込み分解する(食作用)。細胞質には食作用のある細胞に特徴的なリソソームなどの細胞小器官が発達している。

 神経系以外の組織にいるマクロファージ(大食細胞)のような役割を持っていて、「神経組織のマクロファージ」といえる。ミクログリアもマクロファージも、血液中の白血球の一種(単球または単核細胞)が血管から入りこんで、それぞれの組織に定着したものと考えられている。

カテゴリー: 神経系 | 中枢神経系 | 神経組織 | 細胞 | 循環器系 | リンパ系 | 免疫系

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。