卵円孔

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 卵円孔とは、卵形をした穴の意味。「孔」は深いくぼみや、反対側とつながった穴のこと。卵円孔という名前のつけられた穴は、からだの中では、頭蓋骨胎児心臓にある。

言語表記発音、読み方
日本語医学卵円孔らんえんこう
英語oval foramenオーヴァル・フォレイメン
ラテン語foramen ovale(英語読み)フォレイメン・オヴェイリー
(ラテン語読み)フォラメン・オウァーレ

頭蓋骨の卵円孔

 頭蓋骨卵円孔は、頭蓋の内外をつなぐ穴で、頭蓋骨のひとつの蝶形骨にある。下顎神経(第5脳神経である三叉神経の第3枝)が通る穴。卵円孔がある場所は、頭蓋の内面では、に面した頭蓋の底面(内頭蓋底)にある中頭蓋窩というくぼみのなか。頭蓋の外面では蝶形骨の下面にこの穴があるが、その場所は下顎骨下顎枝の内側の空間(側頭下窩という)で、すぐ近くには咀嚼筋群がある。咀嚼筋は下顎神経支配。

カテゴリー: 運動器系 | 頭蓋 | 頭頚部 | 神経系 | 末梢神経系 | 脳神経

心臓の卵円孔

 心臓卵円孔は、胎児心臓にだけある穴で、右心房左心房の間の心房中隔に開いている穴。血液は右心房から左心房へと流れる。その役割は、動脈管(ボタロー管)とともに、全身から右心房に戻ってきた血液をに送らず、ふたたび全身に送るための短絡路(近道)としてはたらく。生後この穴はふさがり、卵円窩という浅いくぼみとして残る。

カテゴリー: 循環器系 | 心血管系 | 胸部 | 心臓 | 発生

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。