第5脳神経

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

詳細は、三叉神経の項目にあります

 第5脳神経第V脳神経)とは、三叉神経のこと。12対ある脳神経のうち、前から5番目で、脳幹の下面(橋底部)のなかばから出る。を出たところで3つに分かれることから「三叉」の名前がついた。主な機能は、顔の感覚皮膚知覚などの知覚)を脳に伝えることと、ものを噛むあご咀嚼筋)の運動を起こすこと。混合性の脳神経。

言語表記発音、読み方
日本語医学三叉神経 *さんさしんけい、さんしゃしんけい
第5脳神経、第V脳神経だい5のうしんけい
略語CN Vスィ―・エヌ・ファイブ
英語trigeminal nerveトリジェミナル・ーヴ
fifth cranial nerve,
cranial nerve V
フィフス・クイニアル・ーヴ
ラテン語nervus trigeminusネルウス・トリゲミヌス
* 三叉神経の は、「先が分かれている」という意味。しかし、 が常用漢字でないため、読み方が同じで意味が似ている で置き換えることが多い(例:交叉点 → 交差点)。しかし、三叉神経は、三差神経とは書かないので注意。錐体交叉も参照

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 脳神経 | 頭頚部 | 番号付

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。