胸神経

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 胸神経とは、末梢神経のひとつで、脊髄から出る脊髄神経のうち、胸椎を通って出てくるもの。第1胸神経から第12胸神経まで、全部で12対ある。胸神経は、主として体幹(胴体)を支配している。胸神経の前枝は、脊髄神経の前枝としては神経叢をつくらない。肋間神経(と肋下神経)は、胸神経の前枝から出る。

言語表記発音、読み方
日本語医学胸神経きょうしんけい
英語thoracic nerve(s)スィック・ーヴ(ス)
ラテン語単数nervus thoracicusネルウス・トラキクス
複数nervi thoraciciネルウィ・トラキキ
略語T *ティー
Th *ティー・エイチ
* T1~T12 または Th1~Th12 のように使う
  • 胸神経が出る脊髄の部分を胸髄という。胸神経の上からは頚神経が、胸神経の下からは腰神経が出る。
  • 第1胸神経は、第1胸椎と第2胸椎の間の椎間孔から出る。以下、すべての胸神経は同じ番号の胸椎の下から出る(例えば、第4胸神経は、第4胸椎の下から出る)。一番下の第12胸神経は、第12胸椎と第1腰椎の間から出る。
  • 胸神経の前枝は、神経叢を作らないが、第1胸神経(T1)だけは腕神経叢をつくる。また、第12胸神経(T12)は腰神経叢をつくることがある。
  • 胸神経の前枝から、肋間神経が分かれる。肋間神経は、肋間動脈肋間静脈と一緒に肋骨の下縁を通る。第1胸神経から第1肋間神経が分かれ、第1肋間神経は第1肋骨の下縁を通る。ただし、一番下の第12胸神経から分かれるのは第12肋間神経とは呼ばず、肋下神経という。肋下神経は第12肋骨の下縁を通る。
  • 胸神経の前枝支配するは、肋間筋などの胸壁の筋や腹直筋などの腹壁の筋後枝が支配している筋は、固有背筋の胸部。胸神経の支配する皮膚の領域は、上肢から下の体幹で、前面、側面では恥骨部鼠径部まで、後面では背部の胸壁に相当する場所。また、脊髄を出る胸神経には内臓血管皮膚などの働きを調節する交感神経が含まれ、交感神経はその後に分かれて交感神経幹へ向かう。

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 胸部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。