横隔神経

『1年生の解剖学辞典』~ 解剖学をこれから学ぶ人向けの用語解説 ~

 横隔神経(おうかくしんけい)とは、頚部から胸部に下がって横隔膜心膜などに行く神経。働きは、横隔膜の運動を制御し、心膜、横隔膜などの感覚を伝える。左右1対ある。

言語表記発音、読み方
日本語医学横隔神経おうかくしんけい
英語phrenic nerveニック・ーヴ
ラテン語nervus phrenicusネルウス・フレニクス

 横隔神経は、脊髄から出る脊髄神経のうち、頚部頚髄から出る頸神経に由来する神経で、頸神経によってつくられる神経叢頚神経叢)から出る。横隔神経をつくっている神経を脊髄までさかのぼると、脊髄神経の第3,4頚神経(C3,C4)が中心で、第5頚神経(C5)も加わる。

 横隔神経は、頚部の側面から始まり、胸郭上口(第1肋骨に囲まれた胸腔の上にある穴)を通って胸腔に入り、縦隔心臓や大血管のある中央部)とその左右のとの間のすき間を下に進んで、横隔膜に達する。

カテゴリー: 神経系 | 末梢神経系 | 脊髄神経 | 頭頚部 | 胸部

 
 

<ご注意> 『1年生の解剖学辞典』は、解剖学を学んでいる人によって書かれているはずですが、間違いがあるかもしれません。内容はかならず教科書その他で確認してください。また間違いをみつけたら「編集」から直していただくか、「ノート」にコメントを残していただけるとうれしいです。
 どのページにでも自由にリンクしてください。でも、このサイトの文を他の場所に転載(コピー・ペースト)しないでください(コピーした内容に間違いがあったとき、その間違いはその後このサイト上では誰かに修正されるかもしれませんが、あなたがコピーした先では間違ったまま残ってしまいます)。